So-net無料ブログ作成
検索選択

男性社員の50%が育休取得!? [社会で子育てしよう]

長女が生まれた10年間に、勤めていた広告代理店を退社しました。その理由は育児です。

介護雑誌の編集長をしていたのですが、仕事内容に疑問もあり、どうやって事業を立て直そうかと悩んでいたとき、長女の誕生がトリガーとなり、会社を去る決断をしました。

とくに、生後2ヶ月の時にインフルエンザで寝込んだ数日間の経験が、私の気持ちを固めさせました。

そのころは8時に出社し、終電で帰宅するような生活だったので、生まれたばかりの赤ちゃんと向き合う時間はほとんどありませんでした。それがインフルエンザで寝込んだことで、一日中娘の様子に接することができて、私の知らない2ヶ月の間に育っていることを知ったのです。

ムニャムミャと優しい泣き声をするのだな~と、喃語を話し始めるようにんった育ちに驚きました。

そう、私は娘の育ちに立ち会うことができなかった!!

この衝撃的な感情から、私は今の仕事を辞めて、もっと娘との時間を優先しようと決断しました。仕事は来年だってできるけれど、娘の育ちに寄り添えるのは今だけだと気づいたので、退職の決断に迷いはありませんでした。

子育ては、イベントじゃありません。週末や長期休暇にTDLのような遊園地に出かけて喜ばせたり、オートキャンプで火起こしして見せることは、子育てじゃない。「時間がないから、夏休みぐらい子どもと過ごそう」というのは、心情としては理解できるけれど、それで子どもとの愛着形成を深めるようなことにはなりません。

子育てとは、質ではなく時間量がすべてです。たまの休みに費用をかけてて出かけても、「子どものために頑張った」という親の勝手な自己満足感が高まるだけで、それはちっっとも子育てじゃありません。

そうではなくて、毎日朝晩の15分ごとでいいから、子どもと同じ時間を過ごすような、子育ての「量」を高めることができれば、親と子の愛着形成も深まります。一緒に過ごした経験が、子どもへの愛情を高めます。

とくに男親は妊娠出産という経験ができません。だから男からお父さんにチェンジする機会のないまま、子どもを迎えるので、出産後に少しずつ、自ら親になるための努力をしなければ、親にはなれません。

これは発達心理や子育て支援などの専門家から聞いた話です。

ところで、産経新聞電子版の「男性社員の育休取得率50% 千趣会の「イクメン」事情」という記事には驚きました。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130102/bsd1301021831001-n1.htm

素直に、「すごいじゃないか。これは取材しなければ」という思いから記事を読み始めました。「通販大手の千趣会は、育休の取得率がなんと50%を超えるという。そこには独特のマニュアルの作成など、アノ手コノ手の会社ぐるみでの取得に向けた取り組みがある。」というのです。

ところが、その後で、今度はひどくがっかりさせられました。

「入社5年目のKさん(28)は、12月に3日間の育児休暇を取得した。8月に誕生した長男を散歩に連れて行ったり、ミルクやおむつ換えもこなし、イクメンぶりを存分に発揮した。「これまでも休日には育児にかかわってきましたが、1日や2日だと楽しい育児も、毎日となると大変でした」と話す。

同社は仕事と育児を両立させるための制度づくりを積極的に進めており、男性社員にも、子供が2歳になるまでの間に5日間の休みが取得できる育休制度を導入。さらに、子供の誕生時に3日間の休暇を取得できる制度もある。」

このような記事を載せた産経新聞のレベルもそうですが、育休取得率50%を達成したと取材を引き受ける会社も情けないことです。

もしかして、このような取り組みが賞賛されるような社会なのでしょうか。だとすれば核家族化で孤立して子育てしなければならず、高い確率で産後うつを患っている女性の苦しみは救われないでしょう。そして男が親になることも許されない社会ということです。

自民党や老齢者が主張している専業主婦の子育てがサイコーというロールモデルは、行動成長期の一時期にのみあった、ユニークな世帯構成です。そのことにも気づいていないのでしょう。

まだ、子育てが肩身の狭い社会のままなのです。こうした風潮は、子育てしている私たちがぶち壊さなければ、それこそ私たちの子どもが健やかに生きていける社会にはならないのだと、強く思いました。

文責 ソーシャルジャーナリスト安藤啓一
                                                              


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 3

シャネル

あっちゃんは、自分の夢の為に地道に頑張れ!
by シャネル (2013-01-06 11:57) 

aya-pon

地方紙ですが、同じ記事を読みました。
そして、たかが3日で「育児休暇とりました」といえてしまうなんて・・・
疑問に感じました。
取得しないよりはましですが。
by aya-pon (2013-01-14 20:57) 

ヴィトン 財布

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
by ヴィトン 財布 (2013-06-29 14:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。